通学バス

ご利用をお考えの皆様へ

ペナン日本人学校の通学バスは、現在LBKバス会社による運行をおこなっております。

現在日本人学校には、「通学バス運営委員会」という組織があり、父母会の通学部はこれを兼務します。通学バスの利用を希望される保護者のサポートをします。

 

ただし、バス利用の有無は各ご家庭の選択であり、「児童生徒の送迎は、あくまでもその責任は保護者にある」とし、利用希望者は通学バス運営にご協力ください。  
 

通学バス関連資料をご覧になり、お問い合わせ、ご質問は、通学部へメールにて(pjs.fbk.bus@gmail.com)ご連絡ください。

通学バス関連資料へ

通学バス手続き

通学バスのご利用を申請される方は、以下のボタンより【新規利用】【利用停止】【バス停変更】手続きが行えます。こちらは外部リンク(バス会社のサイト)となります。

通学バス各種手続きへ

利用申請前に、お住まいになるコンドミニアムにバス停があるか通学バス関連資料の中の「通学バスのご案内」にてご確認下さい。


※【新規利用申請】【バス停変更】は、バス利用開始日の3週間前までに行ってください。申請が利用開始まで3週間を切る場合、調整がつくまでの間は 自主送迎となる可能性がありますことご承知おきください。

お願い:【バス停変更】の方は通学部へもメールでご連絡ください。

※通学バス関連資料一式中の「誓約書並びに利用申込書」は学校へご提出下さい。または 編入当日の父母会編入者説明会にお持ちいただき、父母会役員にお渡し下さい。

通学バスエリア

通学バスのご利用をお考えのご家庭が当地での住居を決める際には、まず、その住居が通学バスエリア内で あるかどうかを確認して下さい。 

現在のバスエリアは、タンジョントコン、プラウティクス、ガーニー、グリーンレーンの一部となります。居住地前からの乗降が原則となりますので、エリア内であってもバスの進入が困難な場所や、安全な走行が困難と判断された場合は、ご利用いただけません。(集合住宅のみ、個人宅へは行きません)

運行路線からはずれた地域に居住されますと、通学バスのご利用はできません。

満席の

場合

学期途中の編入時に居住地を通っているバスが定員数一杯の場合は、空席のあるバスで座席を調整しますので、兄弟で同じバスに乗れない場合もあります。この不都合は学期末に調整します。但し、これらの調整はバス会社側の決定となりますので、調整がつかない場合は、空席ができるまでご乗車できない可能性もあります。